アークライト

日々のコト

会社の先輩からルテインサプリと言うのを貰った!目薬と併用してみる

眼科へコンタクトの交換にいくと、診察を受けると白内障と言われました。 。 先生はそれなりに歳を重ねたら眼科検診に行った方が良いと。目の病気は人間ドッグでは見つかりませんとおっしゃっていました。 目も臓器であるのである程度使っていると何かしら障害が発生するものだと、とりわけ白内障は年齢の増加によって症状が出てくる場合が多く、早期発見から治療が大切ですと言いました。現在は、毎月先生の診察を受診しています。パソコンなどのデジタル端末を日常的に使う昨今では眼精疲労を悩みの種として持っている人も多いのではないでしょうか。この眼精疲労とは、充血やモノがかすんで見えるようになるだけでなく、頭痛や肩凝り、吐き気などの症状を引き起こします。 そのようにならないように睡眠時間を長くする、こまめに休息もとって、固まった体をほぐすなどを心掛けることが大切になってきます。 疲れ目の一つにパソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライトです。 スマホが普及することにより若い世代なども眼精疲労に悩む人が多いようです。 手軽に治す方法としては「ブルーライト軽減シート」を貼り付けパソコン用メガネをかけることで緩和できます。私も以前目の疲れに悩みましたが、「ブルーライトカットフィルター」と「PCメガネ」のおかげで、症状が緩和しました。皆さんも一度、試してみてはいかがでしょうか?目を健康に保つためには、まず、何か病気や問題がないかを知ることが必要です。 私はコンタクトレンズを使用しているのですが、購入の際は毎回眼科検診を受けています。 眼科検診では目に異常やトラブルがないかを調べていただけます。 そして度のあっていないコンタクトをつけることは眼精疲労に影響をもたらします定期的な眼下検診を受けて目の健康を維持するようにしています。 テレビ以外でも携帯電話やスマホタブレットなどを見る現代社会は、液晶画面を見る機会が増えました。パソコンにおいては仕事でも必要不可欠な道具で、多くの人は目の疲労に悩まされています。 最近ではブルーベリーにたくさん入っているといわれているアントシアニン成分が豊富に入った健康食品の種類も多くなってきました。ここ最近目の調子が悪いという人のためにも人気の商品となっており、たくさんのメーカーさんが気合をいれています。 現代はドラッグストアやインターネットを利用しコンタクトが簡単に購入できる時代です。 その為間違った使用方法によって眼病になる人も増えています。 スマホやパソコンを長時間使用することで、眼精疲労やドライアイになってしまう人も増加しています。 ルテイン 摂取量 1日 ルテイン 摂取量 1日 ルテイン 摂取量 1日 ルテイン 摂取量 1日 近くばかりを見つめてしまうことで、目の筋肉がこわばり、近眼の原因にもなります。 1時間たったら10分程度は目を休め、目のストレッチをすることで血流を良くすると良いです。 また、目の周りを蒸しタオルなどで温めるのもだいぶ効果的です。 眼精疲労の回復には、ちょっとした合間でもよいので、一旦眼を完全に休ませる事です。電子機器類を見るのをやめて3分ほどその状態を保ちます。時折、両手で眼球を軽くマッサージするのも気持ちいいです。 これを一時間おきに実行するだけでもかなり眼精疲労を抑えることができます。 辛い眼精疲労には水でしぼったタオルやハンカチをまぶたに被せるように乗せると効果があります。また一ヶ所を見つめ続けて固まった眼球を上下左右にくるくると動かすだけでも違います。歳を重ねて30代以上になってくると、目の周りの筋肉が衰えて、目じりが下がってきます。 その原因は表情筋という目の筋肉が弱まるからです。特に最近はパソコンやスマホの流行により、目を使いすぎてしまうことが増えてきました。 ルテイン 摂取量 1日 ルテイン 摂取量 1日 ルテイン 摂取量 1日 長時間眺める場合は、休憩をはさみ、遠くの自然を見ることをお勧めします。 また、風呂に入った時にできる回復法として、目の周りをマッサージしたり、温めたりする事になります。目の周りを温めると疲れがとれる効果があるので、一度お試しいただければと思います。 PCでネットの記事などを長時間見ていると2、3年前までは気になることはなかったのにここ最近になって、頭痛とともに目の奥がズーンとするようになりました。眼科に行っても病気とかはなくお疲れですねと目薬をくださいました。しかし目薬をさしても一時しのぎのようでパソコンをの文字を読んでいると目が重く感じます。 そこで目によいサプリメントを調べたところブルーベリーやルテインが効くとのことでそのサプリを飲んでいます。近視なのにパソコンで作業をすることが多く、目が疲れやすい方です。眼精疲労から回復するために、こまめに蒸しタオルで目を温めたり、遠くを見たり、上下左右で眼球を動かすことも効果的です。眼精疲労になる原因は目だけが疲れているわけではなく、姿勢による体のゆがみや肩こりも原因となっているため、ストレッチを行い、体を動かして血流を良くするとより効果が得られます。目だけでなく体全体のバランスを整えるような意識で行うことが重要です。